IT-One RECRUITING

事業について

システム基盤構築

情報化社会に欠かせない技術、
システム基盤構築とは。

アイ・ティー・ワンの主力事業である「システム基盤構築」。簡単にいえば、システムの機能性や安定性、処理効率性など、システム全体を支える縁の下の力持ちの役割を果たしています。インターネットやメールなどを日常的に利用する現代社会では欠かせない技術です。ただ、普段の生活であまりふれることがないため、システム基盤といっても頭のなかに「?」が浮かぶ方も多いのでしょうか。

基盤とは、土台のこと。

たとえば、家を建てるためには、地震に強い土地が基盤となります。生活基盤でいうなら、スイッチひとつで利用できる電気には、それらを支える電柱や電線、発電所等が基盤となります。システムにも、同様のことがいえます。インターネットサービス(電気)を快適に利用するためには、システムの基盤(電線や発電所)が必要不可欠なのです。ITインフラを支えているともいえるでしょう。

システム基盤を構成するもの。

  • 電気を利用するためには、スイッチがあり、その先に電柱や電線があって、さらには電力を制御する発電所があります。これを、インターネットに置き換えるとどうでしょうか。ネットの先には通信をおこなうネットワーク(電線)があり、情報を配信するサーバー(発電所)などを支える仕組みがあって、はじめてインターネットを利用できます。インターネット以外のメールなども同様です。世の中にあるアプリやシステムは、こうした仕組み(システム基盤)に支えられて、はじめて利用できるのです。

停電したら、多くの人が困る。
システム基盤も、同じです。

昨日は電気がついたのに、今日はつかない。そんな不安定な状態だと快適に利用できません。同様に、システム基盤が安定しなければ、アプリやシステムも快適に使えないのです。たまに、「アクセスが集中してサーバーがダウンした」ということを聞いたことがありませんか。個人サイトならまだしも、たとえば、銀行のATMシステムが急に使えなくなったら?多くの人が困ってしまうことは想像に難くないでしょう。つまり、システム基盤とは社会において非常に重要な役割を担っているのです。

大手金融機関のシステム基盤構築を
数多く手がけています。

何も起こらないのがあたり前という、状況をつくりだす必要があります。特に、金融機関など社会的影響力の大きなシステムは、非常に高度な技術が必要とされます。アイ・ティー・ワンは、そんな難題のプロジェクトに挑み、大手銀行をはじめ、あらゆる金融機関のシステム基盤構築を成功に導いています。どれだけ優れたアプリケーションを開発しても、その土台となるサーバーやストレージの性能、回線速度が悪くては使い物になりません。つまり、世界からITがなくならない限りシステム基盤は必要となり、ゆえにニーズのある、市場価値の高いエンジニアとして成長できる土台が、当社にあるのです。

構築プロジェクト一例

都市銀行 国際系システム基盤構築・業務開発
保守作業(Windows・Linuxサーバー)を通じたシステム改善提案や制度対応など案件化の計画段階よりお客様と対話・調整を行い、計画~運用保守まで一貫したサービスを提供しています。
都市銀行 ハブシステム基盤構築
本システムは、銀行の各種サービス(預金・貸付など)間をつなぐ最も重要なシステムに位置付けられ、お客様の要望に即した最適なシステム構成(UNIXサーバー環境)を検討し、実装するサービスを提供しています。
都市銀行 勘定系システム基盤構築
国際系システムにて計画〜保守まで一貫したサービスを提供しています。世界各国の支店を管理するために大型汎用コンピュータをデータセンター(日本・米国・中国)に設置し、導入・設定の際には出張しています。
地方銀行 共同化システム基盤構築
銀行パッケージを使用した地方銀行様共同化システムにて銀行分散系業務システムのほぼ全てを対象として計画~運用保守まで一貫したサービスを提供しています。
都市銀行 海外システム更改
海外システム(欧州)更改において、データ連携システム、欧州ハブ・スポークサーバーの設計・構築を担当しています。本番環境の構築・テストは全てロンドンで対応し、現地スタッフへの引継ぎまで実施しました。

アプリケーション、
Webシステム設計・開発

何万人もの人々が利用する
アプリケーション開発も手がけています。

勤怠管理、クライアント情報管理、交通費の経費精算など、企業では日々様々な業務がおこなわれています。これら業務を効率化するためのアプリケーションを開発しています。アプリケーション開発において重要な要素となるのが、効率化したい業務知識をどれだけ知っているかということ。お客様に向き合い、詳細な業務内容やご要望をヒアリングすることが、使い勝手のよいアプリケーション開発に直結します。

構築プロジェクト一例

旅行会社:宿泊施設在庫管理システム開発
大手旅行会社のホテル予約Webシステムに関わる開発をしています。お客様と直接検討し開発を行うことが多く、要望をしっかり捉え提案し実現できた時は大きな達成感を得られます。
旅行会社:Web応募サイト開発
鉄道系旅行会社による、インターネット、スマートフォンからの体験乗車応募サイトの開発をしています。自分の開発したサイトが実際に多くの方に使用されることに喜びを感じられる仕事です。
旅行会社:店頭業務システム開発
大手旅行会社の店頭業務に関わるアプリケーションの開発および、サーバーの管理を行っています。覚えることは多いですが様々な技術が身につく、やりがいのある仕事です。
製造業:品質管理システム開発
世界展開している大手自動車メーカの品質分析システムの開発を担当しています。品質分析は難しい内容ですが、お客様に満足いただけるシステムを開発したときの達成感はたまりません。
金融業:銀行様向けカード業務支援ASPシステム開発
開発ベンダーと協業し、カード業務ソリューションを提供する上で必要な機能の開発を担当しています。お客様の要望をしっかりと把握し、満足いただけるソリューションを提供できるよう心がけています。

新規ビジネス開発

クラウドサービスや
オリジナルWebサービスの開発に挑む、
若手社員がいます。

当社のメイン事業である「システム基盤構築」に続く、第二の柱となる新規ビジネスの創造に挑戦中です。既存技術にしがみつくことなく、新しい知識・技術を積極的に吸収していく風土がアイ・ティー・ワンにはあります。他社が開発したものをそのまま取り入れて販売することはありません。クラウドやIoTなどの最先端技術の知識・スキルを自社で学び、吸収する。その後、社内をテスト環境としてサービスを展開、社員からのレビューをもとに品質を向上させ、新サービスの開発・販売を目指します。クラウドにおいては社内で基盤構築を実施、お客様のクラウドサーバーの監視運用も開始しています。Webサービスの開発も進んでおり、自社のオリジナルサービスとしてリリースを控えているものもあります。IoTセンサーを活用したプロジェクトも動き出しました。アイデアをもとに行動に移せるならば、新人でも大歓迎。実際、新規ビジネス創造をミッションとする部署には入社1~3年目の社員が働いています。「こんな新しい技術を使って、こんなサービス作りませんか」というアイデアがあればどんどん提案して、楽しんでつくっていってほしいですね。


専務執行役員 三浦孝明